節分祭のご案内。

今年も2月3日(水)古町神明宮では節分祭をおこないます。

節分は遠い昔から年の節目の大切な時期とされ、お祓いを受け、皆さまに向けて福豆をまくことで1年の無事を祈りました。

厄年をお迎えになられた方、(厄年以外の方も)ぜひ節分祭にご参加ください。

【節分祭 厄払い祈祷】

午後6時より40分毎に合計4回の厄祓い祈祷をいたします。

時 間:①18:00~ ②18:40~ ③19:20~ ④20:00~

初穂料:3500円(お一人様)

お申込:メール、お電話、FAXにて、ご希望時間とお名前、連絡先をお知らせください。

0001

古町神明宮

電 話:025-223-2309(9:00~17:30) FAX:025-223-2310  

メール:suzuki@niigata-atago.jp

— posted by blog at 02:08 pm  

古事記読書会

講師の先生を迎えて、11月から月1で始めた古事記読書会。

1回目と2回目が終わり、1月20日で3回目となります。ありがたく満席で10名以上のお申込をいただいています。

内容は、次回3回目ですがやっと本文に入るところです。ゆっくり丁寧に進んでいます。

古事記は(ふるとこふみ)と読むということ、この音からもわかるように、古事記は感性で読むものだそうです。

先人からのお手紙のようだとわたしも感じています。自国日本の神話の本当の内容を知ることは、これから生きていくためには

必須なのかもしれないと、なんとなく思い始めました。

こちらのブログをご覧いただきご興味のある方は、また1回目からの開催も検討していきたいので、ぜひご連絡ください。

はじめてでも参加しやすい雰囲気ですので、お気軽にどうぞ!

メール:suzuki@niigata-atago.jp

— posted by blog at 03:08 pm  

新春古町芸妓奉納舞(ご報告)

平成28年1月4日(月)に古町芸妓が当宮にで新年祈祷と奉納舞をおこないました。

sanpai

芸妓さんたちはとっても美しく、お着物も華やかでした。

mai

お宮の中での舞も大変貴重です。(写真がきれいに撮れませんでした。。。)

ご観覧にいらして頂いたみなさま、ありがとうございました。

— posted by blog at 03:01 pm  

【古町芸妓 新春の舞】のご案内

古町芸妓が年初に一年の願いをこめて古町神明宮にて新年祈祷をあげ、新春の舞を奉納します。

明治14年8月に古町芸妓の一流派が古町神明宮を参拝し、その一門の門弟氏名をすべて記載した

銅板の額を献額したとの史実があります。

この度の舞の奉納は、そのご縁にちなみ、新春の古町芸妓の参拝と奉納舞を復活させるものです。

古町芸妓舞を鑑賞できる貴重な機会です!ぜひどうぞ^^

平成28年1月4日(月)

11:00 古町芸妓新年祈祷   11:20 古町芸妓新春奉納舞

<演目>①新春  ②舟江の栄  ③門松を軒並に       

場所:古町神明宮(新潟市古町通1番町500番地) 025-223-2309

NONALNUM-MeaciDHml6XoirjlppPoiJ4-E

— posted by blog at 12:39 pm  

こどもお守(バッヂタイプ)のご紹介☆

ひとつ1100円

こだわりのお守ができました♪特徴は3つ!

①こどもの衣服やベビーカーなどにおしゃれに取り付けられる、実用性とデザイン性を考えたバッヂタイプのお守りです。

※おこさまに限らず、どなたさまでもお持ちいただけます。

②新潟県産お守り!生地は全国三大白生地産地の五泉産、制作は新潟市の刺繍作家さんにお願いしました。

③神明宮にお祀りしている神様をわかりやすくデザインしました。ご自分に合った神様をお選びください。

上:あまてらすさま(天照大御神)太陽のデザイン

  【陽】すべての命を育み、お守りする「陽(日)の神さま」

左下:さるたひこさま(猿田彦大神)道のデザイン

  【道】私たちを良き方向へと導く「道守りの神さま」

右下:とようけさま(豊受大神)米の文字をデザイン

  【豊】私たちの生活(衣食住)をお守りする「豊かさの神さま」

年末からの限定頒布です!それぞれ限定10体までございます♩お早めにどうぞ^^

古町神明宮年末年始は、大晦日12月31日は9時~深夜2時まで。元日1月1日は、9時~17時まで。

2年参り、初詣にぜひご参拝ください。

— posted by blog at 02:43 pm  

prev
2019.8
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31